青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?

 

青汁というのは、青汁に含まれる栄養を摂取するために飲むものですから、薬のように決まった時間に飲まなくてはいけないということはありません。
基本的にはいつ飲んでもいいので、だからこそ気軽に続けることもできますね。

 

ですが、せっかく栄養価の高い青汁を生活に取り入れるのですから、少しでも効果が高まるタイミングで飲むのが理想でしょう。
飲むタイミングは、青汁を摂取する目的によって変わってくるので、自分の目的に合ったタイミングを知っておくといいですね。

 

ダイエット目的の場合

 

最近は青汁ダイエットという方法が人気で、健康的に痩せるためにダイエットに青汁を取り入れる女性が増えています。
青汁にはいろいろな栄養素がバランスよく含まれていますから、ダイエットのサポートにはとても優れた効果を発揮してくれます。

 

青汁のダイエット効果を最大限に活かすには、食前に飲むのがベストです。
どんな原料の青汁であっても、食物繊維が豊富に含まれているので、食前に飲むと血糖値の上昇を緩やかにして肥満ホルモンの分泌を抑制する効果があります。

 

さらに食物繊維は油や糖分の吸収を阻害する働きもしてくれますから、摂取カロリーを減少する効果も得られます。
また、青汁を食事の前に飲むと満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎを防ぐこともできます。

 

栄養を活かすタイミング

 

不足している栄養を補給するために青汁を飲む、というのであれば、朝起きたらすぐに飲むのが効果的です。
朝一番の胃は空っぽですし、睡眠中に十分な休息を取っていますから、青汁に含まれる栄養をしっかり吸収します。
便秘を解消するために青汁を飲む、という方でも朝一がおすすめのタイミングになります。

 

人間の体の構造では、午前中は排出の機能が活発になる時間帯です。
つまり腸に詰まっている便を排出して体内をクリアにする働きが起こるのですが、このタイミングで青汁の食物繊維を補給すると、蠕動運動が促進されるのでよりスムーズに排出活動が行われます。
ただし、仕事の都合などで朝はゆっくりしていられない、という場合は夜寝る前に飲むといいでしょう。

 

寝る前に食物繊維を補給すれば、夕食で食べたものの消化活動をサポートして便秘の解消効果が得られます。
単に栄養を補給するためでしたら、いつ飲んでも効果はほとんど変わりませんが、野菜が足りていない食事の時に一緒に飲むのがおすすめです。

 

コンビニ弁当やカップラーメンで済ませてしまうような食事だと栄養バランスが悪く、体にも悪影響なので、忙しくてきちんとした食事ができない時に青汁をプラスするといいでしょう。